なるログ.com

なるログ

新卒入社1年で転職した人のブログ

【誰に】転職の相談を会社の上司、同僚にするのはマジでやめよう

アイキャッチ

どうもこんにちは。
なるほです。

 

転職の相談をするときって、誰に話してますかね?

 

友達?家族?恋人?業者?会社の同僚?

 

まあ色々いると思うんですけど、会社の人に相談するのはマジでやめたほうがいいです。

 

まだ2ちゃん(今は5ちゃんか)で転職相談スレでも立てたほうがマシ……とは言いませんが、得られる利益は両方とも同じぐらいです。
いや、むしろ損する可能性が高いですね。

 

会社の人に転職の相談をするのは、デメリットがでかすぎます。
このデメリットを分かった上で、それでも相談したい人がいるなら、止めません。

 

まあとりあえず読んでみてくれや(唐突)

相手の人生を否定することになる可能性がある

 é¦¬é¹¿ã«ãã¦ãã人ã®ã¤ã©ã¹ã

あなたの転職活動が、人によっては「オレの人生を否定された!」と思っちゃう人も、いるんですよねマジで。

 

どういうことか説明しましょう。

 

転職する気がない人にとっては、あなたが辞めるその会社でこの先も生きていく予定なんですよ。

 

その期間は1年かもしれないし、5年かもしれないし、もしかしたら定年までかもしれない。

 

そこにあなたが

 

「転職しようと思うんだよね」

 

って言ったら

 

 

「オレはまだこの会社で生きていくのに、コイツはそうしない」

「この会社でこの先も生きていく未来を否定した」

「オレの考え、人生を否定された、許せねえ!」

 

 

こう思う人、マジでいるんですよ。
冗談だと思うよね?

 

もちろん、どう考えても仲が悪い人や、明らかに性格悪そうな人に転職の相談をするほど、あなたはバカじゃないと思います。

 

でも、所詮はお互い共通のご主人様に雇われたってだけの共通点しかないんですよ。

 

そこには、サガミオリジナルのゴムよりも薄い絆しかありません。

 

相談する相手が

 

  • どんな学生時代を過ごしていたのか
  • どんな趣味を持っているのか
  • どんな休日を過ごしているのか
  • どんな未来を夢見ているのか

 

これらのことを知っていますか?
だいたい知らないですよね。

 

もちろん、相手が具体的にいつ転職しようとしているのか、そもそも転職するつもりがあるのかどうか、も知らないでしょう。


まあ何が言いたいかっていうと、会社の人のことなんて全然分からないし、何をするのかも予想つかないんですよね。


だから転職という人生に関わることを相談するのはやめようって話です。

 

同じ会社の人だと、カンタンにあなたに不利益なことが出来ちゃいますからね。
転職活動してることを上司にチクるとか。

 

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

そして、昨日会社で信用している先輩に辞めたいと思っていることを話しました。


すると今日。ついさっき上司に呼び出されて私が辞めたいと思っていることについて話しをされました。

 

転職の相談を会社の人にするのは絶対にやめましょう。

まだまだ日本では「転職する人=裏切り者」

è¬åã®ã¤ã©ã¹ã 

(まあ海外の転職事情なんかよく知らんけどさ、アメリカだと転職って当たり前なんでしょ?)

 

転職が少しずつ当たり前のことになってきたとはいえ、多くの会社では、転職する人のことをよく思わない人が多いです。


同じ部署の同僚や上司からしたら、単純に仕事増えますからね。
めんどくさいんですよ。

 

あと、自分みたいに新卒で入った人間が辞めると、育成コストもぜーんぶ損することになるわけです。

 

何もできない学生にイチから仕事のことを教えたのに、その手間やコストがパーになったら、いい気分はしないですよね。

 

「せめてお前に投資したコスト分は稼いでからやめろよ」

 

って思うに違いありません。

 

まあ、その投資したコストとやらが、具体的にいくらかかっているのかを把握している上司がどれだけいるんだよって思いますけど。

 

このように、会社を辞める人が出てくることで、会社の不利益になることが多いんですよね。

 

だから、転職する人は裏切り者と思われるわけです。

 

そんな”裏切り者”予備軍の相談、絶対にいいように思われません。
で、さっき書いたみたいに上司にバラされたりしちゃうんですよねえ……。

転職の相談は会社外の人にしよう

ãã¢ã¸å¥ã人ã®ã¤ã©ã¹ãï¼ç·æ§ä¼ç¤¾å¡ï¼

会社の人に転職の相談をするのは、シンプルに「あなたが何かしらの形で損をする確率」が高いんですよ。

 

会社って、そんなすぐやめられないじゃないですか。

 

まず転職先を見つけなきゃいけないし、そのために面接を突破しなきゃいけない、内定を取っていざ辞めるとなっても引き継ぎしなきゃいけない・・・

 

普通に数ヶ月かかるんですよね。
人によっては1年以上かかることも。

 

自分も転職活動を本格的に始めてから、辞めるまでに、5ヶ月かかりました。
まあ最後の1ヶ月は有給消化してたんで、実質的には4ヶ月かな。

 

(ちなみに有給消化を上司に拒否されるっていうクソイベントもありましたね。リクエストがあればこの話も記事にします。動画はすでにあるけど)

 

その数ヶ月の間、できるだけ穏やかに過ごしたいじゃないですか。
裏切り者として扱われて、パワハラとか受けたくないですよね。

 

ていうかパワハラ受けながら転職活動とか、めちゃくちゃツラいと思いますよ。

 

ただでさえ転職活動ってエネルギー使うのに、パワハラされて精神力を削られたら、もうまともに生活できません。

 

だから自分は、会社の人には一切転職について話しませんでした。
まあそこまで信頼できる人もいませんでしたし。

まとめ

  • 転職の相談を会社の人にすると、上司にチクられることもある
  • 「転職する人=裏切り者」という風潮がまだまだある。会社にとって不利益だから
  • 転職は数ヶ月〜1年以上かかる。無駄なエネルギーを使わないためにも、同僚に転職の相談はしないようにしよう

 

もちろん、親身になって相談に乗ってくれる同僚や先輩も、いるかもしれません。
あなたの周りにいるなら、遠慮なく頼っていいと思います。

 

でもそんな恵まれた環境にいる人なんてほんの一握りだけですよ。
あなたの会社はどうですか?

 

そういう素晴らしい人がいる会社でないなら、転職の相談を会社の人にするのはやめておきましょう。
なんなら自分が相談に乗りますよ(あまり期待はしないでね)

 

ではでは。

 

※超参考になった転職本。マジでおすすめ。

関連記事もどうぞ。

t.co