なるブロ.com

Dirty Deeds Done Dirt Cheap

いともたやすく行われるえげつない雑記

【レビュー】激安プロテイン、ボディウイングを半年以上飲み続けたので評価する

f:id:naruho428:20170825220618p:plain

1キロあたり2000円以下のプロテインがあると言ったら……
あなたは信じますか?

ザバスは1キロ4000円、ビーレジェンドでも1キロ2600円ですから、信じられないかもしれません。

でも実在するんですよ!
それがこの『ボディウイング』です。

筋トレに効果が表れるの?そんな安いプロテインで

「1キロあたり2000円しないプロテインなんて、本当に効果あるの?」

「プロテインと言っておきながら実は小麦粉だったりするんじゃないの?」

そんなことを思っても仕方ないと思います。
安すぎますもんねww


ではここで突然ですが、現在の自分の肉体をご覧ください。
※ズボンがダサいのは気にしないで!

f:id:naruho428:20170825201247j:plain

f:id:naruho428:20170825201329j:plain

ボディウイングを飲みながら家で細々と筋トレしていたら、こうなりました。

現時点で筋トレ始めて9ヶ月ぐらいかな?
ジムには通っていないです。

まあガチの筋トレーニーからするとヒョロガリもいいところですが
「これから筋トレがんばるぞい!」
という方の参考にはなるかなと。

「プロテイン」といっておきながら全然タンパク質が含有されていない、なんて最低な商品では決してありません。

これから買おうと思っている方、安心して買って大丈夫ですよ。

ちなみに成分表はこんな感じです。

■栄養成分(100g中)
エネルギー 414kcal
たんぱく質 78.0g(無水物換算82.1g)
脂質 6.0g
炭水化物 7.7g
ナトリウム188mg(食塩相当量0.48g)
カルシウム 452mg

http://amzn.to/2wDYSuB

ザバスで100gあたりのタンパク質含有量が75gぐらいなので、ボディウイングの方が優秀ですね。

f:id:naruho428:20170825202656j:plain

http://amzn.to/2wDUoEs

味は?

ほぼ無味です。
薄いミルクっぽい味がする感じ。

ビーレジェンドのナチュラルよりも味が薄くて、飲みやすかったです。
ていうかビーレジェンドのナチュラルめっちゃマズくない……?

自分は普通のミネラルウォーターに混ぜて飲んでいますが、ココアとかで割って飲んだらおいしいかも。

本当に味がしないので。
大抵の飲み物には合うと思います。

欠点

泡立ちが多いのがネックですね。
これは他のプロテインと比べて明確なデメリットだと思います。

f:id:naruho428:20170825214318j:plain

泡やばくないですか?
普通こんなになります?

プロテインは25g、水は200ccしか入れていないのに、シェイクした後は

f:id:naruho428:20170825214516j:plain

倍以上になってます。

これが若干飲みづらいですね。
ビールみたいです。

まあすぐに慣れますけど、泡立ちが死ぬほど嫌い!って人はやめといたほうがいいかも。。

総合的に

泡立ちが多いというデメリットは確かにあります。

しかし

  • 圧倒的に安い

  • タンパク質含有量はザバスより優秀

  • ほぼ無味でゴクゴク飲める

これらのメリットの前では、泡立ちが多いことなんて取るに足りません。
最高に気に入っています。

コスパが最強すぎるんですよね。
自分は1日2杯プロテインを飲むので

1杯25g × 2 × 30日 = 1500g

ということで、1ヶ月あたりのプロテイン消費量は約1500gです。

そうなると1ヶ月のプロテイン代は、ボディウイングの1キロ2000円のプロテインだと

2000円 × 1.5キロ = 3000円

ということで、1ヶ月3000円です。


でもこれが1キロ4000円のザバスだとどうでしょう?

4000円 × 1.5キロ = 6000円

なんと!
金額が2倍も違うのです!!

これ、1年間で36000円もの差がつきますからね。
ちょっとした小旅行に行けちゃいますよ。

最後に

どうでしょう。
圧倒的コスパの良さを誇るボディウイングは。

マジでオススメできます。
浮いたプロテイン代でジムに通うもよし、新しいトレーニング器具を買うもよし。
夢が広がりますね!

1キロで買うよりも(2017年8月25日現在2290円)

3キロセットで買ったほうがお得です
(2017年8月25日現在3キロ5790円=1キロ1930円)

 次はこちらの記事もどうぞ。

www.naruho-blog.net