なるブロ.com

Dirty Deeds Done Dirt Cheap

いともたやすく行われるえげつない雑記

【書評】マッチョ社長の新刊『筋トレライフバランス』は何度でも読み返すべき名著【Testosterone】

f:id:naruho428:20170410202235j:plain

ワークライフバランスはもう古い!
時代は筋トレライフバランスや!


マッチョ社長ことTestosterone氏の新刊を買ったので、その感想を簡単に書いていきます。

いや、めっちゃよかったよ!!!
彼のツイッターや著作が好きな方なら、間違いなく買いです。

本著では一つのライフハックにつき3ページほどの解説があるので、ツイッターの数倍は深く社長の思考に触れることができます。

 一見脳筋な社長のライフハック

テストステロン氏の思考に初めて触れた人はこう思うでしょう。

「ただの脳筋野郎じゃねえか!」
と。

わかる。わかるよ。
彼の言っていることって要約すると

「筋トレしてポジティブに自分を磨け」

ですからね。

しかしただの脳筋の戯言かと言うと、全然そんなことないんですよね。

そこには明確なロジックがあり、運動嫌いのキモオタだった自分を筋トレに目覚めさせる説得力がありました。

まあ今もキモオタのままだけど……。

マッチョ社長のライフハックを一部抜粋

本著で特に好きな部分を一部上げていきます。

つるむならポジティブ野郎! (オススメはジム)

周囲の人間が「俺は世界一の社長になる!」みたいに超絶ポジティブな人ばかりだと、自分もポジティブになるし、もっと上のレベルを目指そうという気力も湧いてくる。


だが、もしその集団に一人でもネガティブな人が混ざっているとどうなるか。君の気分は悪くなるだろう。


もしネガティブ野郎が3人いたら?君がいくらポジティブな意見を言っても全否定されて終わりだ。ネガティブは空気感染して、いつしか君もネガティブ思考になってしまう。
そんな人とは付き合う意味がないし、愚痴しか言わないやつが集まっても何も生まれない。


人間関係をすべて損得勘定で見ろとは言わないが、自分にプラスにならない人間と付き合う必要は一切ない。

何らかの形で自分のためになる関係じゃないと続かないし、続ける意味がない。だからこそ、友人はしっかりと選んだほうがいい。ネガティブな人は君の足を引っ張るが、ポジティブな人は君が上のレベルに行くことをバックアップしてくれる。

筋トレライフバランス134ページより

これは本当にその通りですね。

ツイッターとかで「金がない」「仕事やめたい」「結婚どころか恋人もできない」とか同じ愚痴ばっかり言ってる人見るとげんなりするんですよね。
まあこれは自分もやってしまいますが……。

今のところ自分はそういう人を見るたびに「こんな風にはなりたくねえな」と反面教師的に見てモチベーションを上げていますが、いよいよ見るに堪えなくなったらそっとミュートかブロックしようと思います。

別にリアルで関わっていないし何のデメリットもないもんね。

 

ルーティーンで時間を節約!食事も服も毎日同じでいい

人間は「選択することに」膨大な時間を費やしている。
起きがけの「二度寝するか/しないか」から、朝食のメニューや会社に着ていく服、昼時になればランチはどこで食べるか。

一つひとつの時間はわずかかもしれないが、まとめると結構なボリュームになる

その状況を回避するにはどうしたらよいのか?
答えは簡単。選択する機会を限りなく減らせばよいのである。

具体的には、日々をルーティーン化するということだ。
僕の場合、朝食は毎日同じメニューだし、着ていくスーツも決まっている。
筋トレに行くかどうか悩む間もなく行くし、昼食も毎日同じメニュー。

ちなみに、昼にはランチには行かず、自分で作った弁当を食べている。
外に弁当を食べに行く時間も無駄だ。

このようにやるべきことをルーティーン化することによって迷う時間をぶっ潰しているわけだ。

毎日同じことをしていれば、行動が洗練され時間に余裕が出てくる。
他のことに投資する時間ができるということだ。
素晴らしくないだろうか?

〜中略〜

いいか、日常に潜む選択の時間をルーティーン化によって排除しろ。
それだけで膨大な時間をセーブでき、その分のリソースを大事なことに割くことができる。

朝起きたら迷わず歯磨きする。このレベルまでルーティーン化できればベストだ。

筋トレライフバランス44ページより

これも一見脳筋ですけど、理にかなってません?
本当にその通りだと思います。


人間は物事を選択する際には意志力を使います。
この意志力は有限なんですよ。
選択をするたびに意志力を消費して疲れてしまうんですよね。

これを消費すると次の選択に時間がかかり、疲れて……と悪循環に陥ります。
どうでもいいことに意志力を使って、重要なことに意志力を全然使えなかったら大変ですよね。

それを防ぐために、日々の選択をルーティーン化するということですね。
自分も昼食はサラダチキンとスモークささみ、おにぎりという決まったメニューにしていますが、まあ楽ですね。

即効で決まるのでその空いた時間でちょっとした雑務をこなせます。

社長も言っていますが、筋トレしていると食事が栄養補給になってくるので、タンパク質をちゃんと摂取できれば後はどうでもよくなるんですよねww

 

時に人は裏切るが鉄アレイは絶対に裏切らない!

人間は追い詰められた状況になると信頼ならないものになってしまう。

いろんな人を見てきたが、その場で調子のいいことを言うだけの人はたくさんいたし、どんなに義理人情に厚い人でも、トラブルが起きてお金に苦しんだり余裕がなくなると、不義理を働くようになる。

すべての失望は期待することから始まる。

お金はあげたつもりで貸し、帰ってきたらむしろラッキーと思う。
誰かと約束するときは、裏切られるものだと思って、守ってくれたらラッキーと思う。

「人間不信になれ」と言いたいのではなく、人間関係のもつれによって感情は乱されやすいから、他人に期待しないことが一番理に適っているということだ。

スムーズに人生を生きたいなら、人間という不安定な存在に振り回されては時間の無駄だ。

自分のなかに絶対にブレないものを持つべきだし、それを探すのは自分の人生に対する責任でもある。


人間に比べるとダンベルと筋肉はいいぞ。
まず、絶対に裏切らない。
ダンベルは、アメリカでも日本でも100キロは100キロ。

君が人生のどん底に落とされ、人間関係も仕事も全部ダメになったときでも、ジムに行けば君を待っている。

そして筋肉は筋トレをやった分だけ成長するし、お金や周囲の人間がいなくなっても、一度ついた筋肉はなかなか落ちない。

仮に筋肉がなくなったとしても、マッスルメモリーが残っているからすぐに取り戻せる。

「金の切れ目が縁の切れ目」なんて言葉も筋肉とは無縁だし、何があってもダンベルと筋肉は君を見捨てることはない。

何よりも一番近くで君に寄り添ってくれている。
やっぱり一番の拠り所だ。

いいか、すべての失望は他人に期待しすぎることから始まる。

本当に信頼できる人は、家族とか親友とか2〜3人いればいい。
で、困ったらダンベルと筋肉を頼れ。いつでも君の味方だ。

筋トレライフバランス152ページより

これは中略せずに全文載せるレベルで好きですね。
ほんと、他人に期待している人が自分含めて多すぎるんですよね。
まじでいいことないですよ。

他人はあなたの期待、自分の期待に応えるために生きているわけではないので、期待したところで必ずしもその通りになるわけではないんですよ。

そんな不確定要素満載なことに期待したところで、いつかは失望しちゃうんですよ。

これはどんなに仲のいい恋人や友人であっても同じです。
人は変わりますから。

今はあなたの期待通りの人でも、未来永劫そうなのかというと……そんなことないですよね。


期待するのは他人ではなく、自分にした方が絶対にいいです。
自分のことならコントロールできる範囲が他人と比べ物にならないですからね。
やるべきことをやれば期待通りになる確率も高まります。

そこで筋肉ですよ。

自分も最近ようやく人に見せてもいいかな?ってぐらいにはなってきたんですけど、鏡を見るだけで楽しくなりますからね。

QOL爆上げですよマジで。おすすめです。

最後に

いかがでしたか?
参考になれば嬉しいです!

社長のツイッターはこちらです。

twitter.com

気になる方はちょっと見てみてください!
モチベーション上がりますよ!


ではでは!


次はコチラの記事もどうぞ。

www.naruho-blog.net