なるブロ.com

なるブロ

20代新社会人の奮闘記。スマホの方は右下のメニューから気になるカテゴリーの記事を探せます。

【ネタバレ】ニューダンガンロンパV3の感想、評価 どこがクソゲーなんだよ神ゲーだろ!

f:id:naruho428:20161215224856j:plain

どうもこんにちは!なるほです!

いやーついにクリアしましたよ……この問題作を…!50時間かかっちゃったww
賛否両論という言葉はこの作品のためにあるんだなと思いましたね。

自分は神ゲーだと思います。ダンガンロンパでないと実現できないストーリーだし面白いしで本当に満足です。
なんであんなに低評価が多いのだろうか……。

ネタバレ全開で感想をブチ撒けていきますので、クリア後の閲覧を強く推奨します。

あ、事件の概要をまとめた記事もあるので良かったらこちらもどうぞ。

www.naruho-blog.net

全体的な感想

本当にプレイしてよかったと思えた作品でした。神ゲーだろまじで……!

1章、5章のトリックの秀逸さ、魅力的すぎるキャラとその彼らを取り巻く残酷な設定・ストーリー、V3というタイトルの本当の意味など、本当に面白い要素が盛りだくさんでした。

特にV3=53が判明した時は震えましたね……!
このタイトルのトリックを実現するために、わざわざ「ダンガンロンパ3」というタイトルのアニメを放送したのかな。すげえなマジでwww

つーか6章のオチだけでクソゲー扱いしてるノータリン多すぎだろwwwww
確かにすべてフィクションというオチは、今までのダンガンロンパはなんだったんだよってなる人もいると思いますよ。
しかも今まで楽しんでいたプレイヤーに対して責めるような描写あったし長い説教みたいだったし。
賛否両論巻き起こって当然だと思います。

でもそれまでの過程はどうだったの?
楽しんでプレイしてたんじゃないの?
全部クソだと思ってたの?
お前は他人の評価に流されて「クソゲーダー!」ってギャーギャー言ってるんじゃないの?
お前自身の意見はどうなの?
一部分だけ見て全体の評価するのやめようよ本当に……。


しかし製作者側の真意はどうなんでしょうかね。

  1. 時間をかけて愛情こめて生み出したキャラが残酷に死んでいくゲームをこれ以上作りたくなかったのか

  2. こんな殺し合いゲームを楽しんでるお前らちょっとやばいよ、という警鐘なのか

  3. ただ予想の斜め上をいく展開を考えたらこうなっただけなのか

まあこれは考えても分かりようがないので、考えるだけ無駄かもしれませんが。
これでダンガンロンパシリーズが終わるなら1なんでしょうけどね。

ただ完結なら完結だと、公式側からそういう案内があると思うんですよね。
だからダンガンロンパシリーズは続くんじゃないかな…。

※追記:小高氏がコラムでダンガンロンパの最後は明言しないと発言していたらしいので、もしかしたらV3で完結という可能性もありますね。
まあこんなドル箱タイトルを手放すとは思えませんけどw

今までと同じように「希望が勝つ」で終われば、こんな賛否両論の嵐にならなかったでしょうね。
そこを敢えて「すべてフィクションだった」というオチで挑戦するチームダンガンロンパはすごいと思います。

まあこのフィクションオチにもちょっと疑問があるんですけどね。

本当に全てフィクションなのか? 

なぜこんな疑問を抱いたのかというと

白銀が赤松のコスプレをした時にキモいブツブツができたからですよ。

白銀はフィクション以外のコスプレをすると体中にキモいブツブツができるという体質でした。
だからフィクションの存在である赤松のコスをしても、問題ないはずですよね?

それなのにキモいブツブツができた理由はなんなのでしょうか?
自分は2つの可能性があると考えました。

1つ目は、あの世界がフィクションだというのも嘘、ということですね。
フィクションが嘘、つまりまるごと本物だったということです。
性格や記憶を植え付けられたとか、ゲーム内の登場人物として存在しているとか、それらは全部嘘!
そのまま実在の人物としてあのゲームに参加させられていたということです。

まあ、人格はフィクションでも肉体が本物だから、ブツブツができたという可能性もありますけどね。


2つ目は、逆にフィクションのコスをするとキモいブツブツができる、ということです。
3次元のコスをするとブツブツができるという設定がってことですね。
赤松はフィクションの存在だから、コスをしたらブツブツができると。

でもこれは微妙かな……。
だって「○○のコスしてみて!」と頼まれる可能性大なわけじゃないですか。超高校級のコスプレイヤーだし。
いくらなんでもリスキーすぎるわ……。

それにそうだとしたら、6章で苗木たちのコスを普通にしていたので希望ヶ峰学園に関する話が丸ごとノンフィクションということになりますね。
だとすると、希望ヶ峰学園編は本当にあったことで、それからクッソ長い年月が経って、その話が「ダンガンロンパ」というゲームになったということかな。

で、それが爆発的な人気を誇って遂に究極のリアルフィクションになった…みたいな?


もっと高尚な考察したいんですけど、こんなもんしかできねえな……。
考察サイト巡回するか……。

印象に残ったシーンなど

やっぱり最初にびびったのは、1章の事件の全貌ですよね。
赤松がクロでおしおきされるなんて全く予想できなかったよ……!
ふざけんなよマジで…ガチで泣いちゃったわ……。

1ではメインヒロインが死に
2ではリーダーが死に
そしてV3では主人公が死んでしまうとは……。

毎回毎回よくもまあ1章からプレイヤーの予想を裏切る展開にできるなあと。
本当にすげえわ……。

しかも動機がもう……首謀者を殺してコロシアイを終わらせるためなんて……。
本当に優しいし強すぎるよ赤松は……ダメだまた泣きそうだ……。

クリアした後はこういう経緯もぜーんぶフィクションだと普通は考えて絶望すると思うんですけど、確かに赤松の優しさも強さもみんなの反応も、全て設定されていたものかもしれません。

でも行動は本物なはずです。
さらに赤松や最原たちの想いも、生身の人間が思考したことなのでそれも本物です。
「我思う、故に我あり」っていうじゃないですか(かっこいい)
自分はそこに希望を見出しています。

全部が全部嘘じゃないんやで……。
赤松の行動も最原の覚悟もハルマキの百田への想いも本物なんだよ……!!


あとは5章ですね!度肝を抜かれたのは。
モノクマにすらクロが不明なトリックって!
こんなん鳥肌たてずにはいられないよマジで!!個人的には2の5章超えです。
プレイしている最中は時間が光速でしたね。おかげで若干私生活に影響が出ました……。

この5章で王馬への評価が180度変わりましたね。
同じような方は多いのではないでしょうか?

ホント、何が嘘で何が本当だったのか……はたまた全部嘘だったのか……。
4章ラストの「嘘だよバーカ!」が嘘なら王馬に掘られたいって思いますし、本当ならひでえクソ野郎だって感じですね。
今となっては知りようがないですけど。

そしてこの5章でハルマキが百田のことが好きなことが判明しましたね。
まあこれも設定でしたけど……。

でも前にも書きましたが、最初に設定されていようが自分の中でそういう感情が湧き起こったら、それはもう本物なんだよ!
だからハルマキには百田が好きだったことに対しては、胸を張ってほしいです。

最後に

いかがでしたか?

いやー本当に素晴らしい体験ができました。
やっぱりダンガンロンパシリーズはいいね!

絶対絶望少女2は本当に出るのだろうか……w
絶女2もロンパ本編も続編出てくれ!

ではでは!


ツイッターやってます!
よかったらフォローしてね!
@____nrh