なるブロ.com

Dirty Deeds Done Dirt Cheap

いともたやすく行われるえげつない雑記

アカメが斬る!零5巻の簡単な感想、評価、考察 ネタバレ

f:id:naruho428:20160825213700j:plain

どうもこんにちは!なるほです。

今回は『アカメが斬る!零5巻』についての感想などを書き殴っていきます。
しかし外伝の零がもう5巻かあ…早いなあ…。

いやそれにしても表紙のチェルシー、かわいすぎません!?
自分アカメではチェルシーが一番好きなんですよね。ええ…そうなんですよ……(泣)

それではいってみましょう。

↓アカメが斬る本編14巻の感想はこちら↓

www.naruho-blog.net

序盤はほのぼの

今回のアカメ達の任務は、スエクニ商会で働きながら敵を見つけ出すことです。

グリーンの微笑ましいアカメへの恋心、ツクシのおっぱい、ギンがナタラに迫るも失敗するなど、普通に癒される日常回が繰り広げられました。
つーかツクシのおっぱいでかすぎだし、ギンかわいすぎだしエロすぎだしで、割と最高でしたね!

アカメのペーパークラフト趣味はグリーンの影響だったんですねえ。
キモオタのワイとしてはグリーンにはぜひ幸せになってもらいたいです…。

ガッピ湿原へ

反乱軍の製塩所がガッピ湿原という特急危険種の住処にあることが判明。
アカメ達はここに乗り込むことになります。

しかしこのガッピ湿原には、暗殺結社オールベルグの頭領とその仲間たちがいました。

頭領の名は、メラルド・オールベルグ。
格好がえっちすぎるんですよ…最高!

ここにはメラ様の他に、愛しのチェルシー童貞ジジイのダニエル、メイドのギルベルダカサンドラがいます。
このメイド2人はメラ様に頻繁に開発されているようで、とても興奮しました!!!!

帝国に疑問を抱くアカメ

交易の手伝いをする中で様々な街を回ったアカメ。
その活動の際に帝国に対する不満が多いことに気づきます。

教育係であるゴズキ(名前すっかり忘れててググった)が「あまり世間を見せたくない」と懸念していましたが、アカメは実際に帝国に疑問を持つようになりました。

しかしこの時のツクシの顔怖かったな……ツクシとアカメの間で今後争いが起きそうだなあ。

グリーンはアカメに同調していましたが、本心で言っているのかどうかは分かりません。
『夢をかなえるゾウ』でお馴染みの水野敬也さんの著書『LOVE理論』で提唱されている「分かるよ理論」を使っているかもしれませんからね。

アカメは真っ直ぐ、シンプルに物事を考える子だと思うんですよ。
だから暗殺チームでも真っ先に帝国に疑問を覚えたのかなあと自分は思いました。

メラ様の女好きっぷり

いやすごかったですね。
彼氏がいる村娘をナンパして即ホテルでしたからね。メラ様女性なのに。
その秘訣を是非伝授して欲しいです。

ホテルのクローゼットから2人の情事を覗き見るチェルシーとギルベルダ。
ここでギルベルダがNTR好きということが判明します。

その後メラ様に見つかり、カサンドラがチェルシーをベッドに誘います。
ここのチェルシーがホントかわいくてめちゃくちゃ興奮しました!!!!

オールベルグの襲撃

暗殺チームのアジトが見つかり、メラ様たちオールベルグが襲撃します。

真っ先にやられたのはナタラでした。
せっかくギンとのフラグ立っていたのに…。
この後八房でクロメの人形になるんでしょうけど、クロメってこの時点では八房持ってないよね?どんな展開になるのか今から楽しみです。

つーかオールベルグの面々強すぎません?流石暗殺結社って感じでした。

特にメラ様の蠢くものが村雨並にチートでしたね……。
爪で引っかかれたら卵が体内に植え付けられて、それが体内で成長し、最終的には宿主の体を食い破って飛び出てくる……。

毒に耐性があっても関係ありませんからね。
体内で既に何かしらの生物を飼っていないと防ぎようがないんじゃないでしょうか。

ギンはこれにやられて死亡。いやエグいシーンだったな……。
あの世でナタラと結ばれますように……。


そしてゴズキと対面するメラ様。
続きは次巻!って感じでしたね。

6巻の予想、考察

簡単にですが予想してみます。

まずクロメが八房を手に入れると思われます。
本編でクロメはナタラの死体を八房で操っていたためです。
ただ零には八房が今まで登場していないので(確か)、どんな風に出てくるのかは分かりません。たのしみ!

次に、ゴズキが死亡して村雨がアカメの手に渡ると思います。
ババラを倒すほどの実力があるゴズキがやられるとしたら、現頭領のメラ様ぐらいでしょう。

なぜここでゴズキが殺されると予想するのかというと、もう尺があんまないと思うんですよね。
本編は次巻で完結するので、零もそれに合わせてクライマックスに近づいていくのではないでしょうか。まあ零は次巻で完結ではないみたいですけど。

こんなところですかね。
誰でも分かるようなことしか書いていませんが…。

最後に

いかがでしたか?
なんか本編の感想記事よりもちゃんとした記事な気がする…。
いや今回は本編より零の方が面白かったからね…仕方ないね…。

ではでは。