なるブロ.com

なるブロ

20代新社会人の奮闘記。スマホの方は右下のメニューから気になるカテゴリーの記事を探せます。

ダンガンロンパ3絶望編5話感想、考察、ネタバレ

f:id:naruho428:20160812012450j:plain

 

どうもこんにちは。なるほです。

いやーダンガンロンパ絶望編5話、めっちゃ良かったですね……いよいよ物語が動き出すって感じでしたね……まさに「終わりの始まり」って感じでしたね…。

毎度の恒例のことですが、今回も判明したことや感想を書き殴っていきます。

どうぞ読んで頂ければ幸いです。

希望ヶ峰学園に通っている御手洗は超高校級の詐欺師だった

確定しましたね。
77期生として生活していた御手洗は超高校級の詐欺師でした。

本物の御手洗は、自室でアニメをずっと作り続けている生粋のアニメーターでした。

幼少の頃からずっといじめられていた彼を救ってくれたのはアニメでした。
そんなアニメに魂を捧げたい。そんな思いから御手洗はアニメーターになりました。


御手洗はずっとアニメを作り続けたい。

詐欺師は別の人間に成り代わる必要があった。



両者の利害が一致したため、詐欺師は御手洗として生活することになりました。


希望更生プログラムにかけられていたのは詐欺師だったので、詐欺師と御手洗の入れ替わり生活は学園がなくなるまでずっと続いていたのでしょうね。

 

元々は十神の影武者?

御手洗に化ける前は十神に扮していましたよね。
なので、元は十神の影武者を務めていたのではないでしょうか。

でもあの体型で務まるのかなあ……。
そこは超高校級の才能でカバーしていたのかしら…。

詐欺師は十神とはどのような関係なのか、これがちょっと気になりました。

西園寺の成長

ダンガンロンパのくさいロリっ子代表、西園寺が見事に成長していましたね。

自分はてっきり高校3年生ぐらいにあのぐらいまで成長するもんだと思っていたので、少しびっくりしました。
半年であそこまで成長したのね…。

 

戦刃むくろ、江ノ島盾子が遂に登場

遂に絶望シスターズの2人が出てきましたね。

江ノ島の方は、タクシーに財布をそのまま置き、その財布を爆破させるという相変わらず江ノ島らしいことをしていました。

あと残姉ちゃんね!動く残姉ちゃん見れてほんと嬉しい!
超高校級の軍人っぽいところをアニメで観れたのほんと嬉しい!
手榴弾を蹴ってグラスに入れるとかなんなんだよwww

ゲームではどうしても動きを表現するのに限界がありましたが、アニメだと思う存分表現できていいですね。
これはアニメの大きなメリットだと思います。


それにしても豊口めぐみさんの演技力凄いなあ……。
残姉ちゃんと江ノ島、2人とも同じ声優さんが演技してるとは思えない…全く別の声優が演技しているとしか…。
絶対絶望少女をプレイした時も同じような事思ったなあ…。

 

モノクマが誕生したのは希望ヶ峰学園に入学する時?

と思いました。
江ノ島の見た目を見てみましょう。

f:id:naruho428:20160812012905p:plain

ダンガンロンパ絶望編5話より

こちらが絶望編5話の江ノ島です。

次にロンパの最終章の江ノ島を見てみます。

f:id:naruho428:20160812013019j:plain

ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生より


髪飾りが違うことが分かると思います。
上の江ノ島はウサギとリボンの髪飾りというごく普通の髪飾りを付けているのに対し、下の江ノ島はモノクマをモチーフにした髪飾りを付けています。

そのため、入学する前の江ノ島はまだモノクマを生み出してはいなかったのではと思いました。

更に江ノ島は学園に入る際にモノクマのイラストを描いていました。
なのでモノクマはこの瞬間に初めて生まれたのだと思われます。


まあだからなんだよって感じですけどね…。
なんでこんなこと書いたんだろ…。

日向創はカムクライズルに

f:id:naruho428:20160812005929p:plain

ついにカムクラになっちゃいましたね…カムクラプロジェクト本格始動ですね…。

「七海に誇れる自分になるために」とかなんとか言っていましたけど、本気で言ってんのかオイ!!!!?!?!?
お前七海の話全然聞いてねえだろ!!!!
才能が全てじゃない言うてたやろうが!!!!!!!

はあもうなんでカムクライズルになっちゃうんだよ…七海がこのことを知ったらどんな思いをするのか考えただけで涙が出てくるよ……「なみだ」って打とうとしたら指が「ななみ」って打ってたよわけわかんねえ…。



詐欺師が「才能があるというのも、難儀なものだな」と言っていたじゃないですか。

その際に通行人としてダンガンロンパゼロに登場した超高校級の性獣神代優兎が通行人として現れていたんですよね。

彼も自信の才能に依存した人間の1人で、人生の全てを才能に委ねていました。超高校級の諜報員だったかな。
そんな彼の死因は自信の才能に固執したことが原因でした。あっけないものでした。


ダンガンロンパという作品は、才能に固執しすぎた者に大抵ろくでもないことが起きている気がするんですよね。
生き方を固定することの恐ろしさみたいなものも表現しているのかなーと思いました

最後に

いかがでしたか?


繰り返しになりますが、本当に「終わりの始まり」というタイトルにふさわしい話でしたね…。
これほどまでに内容とマッチしているタイトルもなかなかないんじゃないかな。

未来編も絶望編も良い感じに話が展開していて、ますます楽しみです。
そろそろ霧切さんが活躍するところが見たいな…。

ではでは。