なるブロ.com

Dirty Deeds Done Dirt Cheap

いともたやすく行われるえげつない雑記

ひよこ鑑定士になるためには?ガチで調べてみた

f:id:naruho428:20160719221447j:plain
「ひよこ鑑定士」という職業をご存知ですか?

「マジでひよこ鑑定士になるためにはどうしたらいいのだろう?」

とふと疑問に思い、どうしたらひよこ鑑定士になれるのかを調べてみました。

ひよこ鑑定士とは?

正式名称は

「初生雛鑑別師(しょせいびなかんべつし)」

といいます。
かっこいい…。

仕事の内容は、卵からかえったばかりのひよこのオス、メスを鑑別することです。

 

「成長すればオスとメスの区別が付くから、別にひよこ鑑定士なんていらないんじゃないの?」と思うかもしれません。

しかし『公益社団法人 畜産技術協会』の公式サイトによると…

ヒヨコは、ある程度育てば、外形や鳴き声などから、だれでも、オス、メスの区別が、分かるようになります。

しかし、雌雄が、自然に、分かるまで、待っていては、その間の、えさ代、あるいは、施設が、大変ムダです。

そのため、一日でも早く、オス、メスを、鑑別して、目的に応じた飼育ができることが、一番よいわけです。

公益社団法人 畜産技術協会:初生ひなの鑑別

早いうちから、オスか、メスか、区別を、つけて、それぞれに、適した、飼育を、する方が、効率が、良い、ということ、でしょうね。

鑑別方法

指でひよこの肛門付近を触り、生殖突起の有無を確かめるというスタイルが主流のようです。
突起があればオス、なければメスだとか。

この突起っておちんち○んですかね?
でもそうなると肛門にお○ちんちんがあるということになるぞ……?
どうなってるんだ…?

ああすいません。
自分おち○んちんのことになるとどうも考え込んでしまうんですよね。

1羽あたりにかける時間は約2秒とのことです。
更にこの作業は数千羽にも及び、鑑別率は約99.5%の正確さを誇るらしいです。
すごすぎるでしょ…。

軽々しく「ひよこ鑑定士になりてェ。。」なんて言えねえよこれ…。

ひよこ鑑定士になるには?

f:id:naruho428:20160720224926j:plain

ひよこ鑑定士になるには、「高等鑑別師」という資格を取ることが求められます。

この資格を取るには

  • 初生雛鑑別師養成講習」の初等科(5ヶ月)か特別研修科(2ヶ月)を修了し

  • 鑑別研修(1年~2年)を受け

  • 予備考査と高等鑑別師考査に合格


これらをクリアして初めてひよこ鑑定士を名乗ることができます。

 

この高等鑑別師考査の合格基準ですが、鑑別率は平均99%以上400羽を36分以内に鑑別しなければならないとのことです。

つまり1羽あたり約5秒でほぼ完璧に鑑別しなければならないということですね…。

 

ちなみに養成所に入るためには

  • 満25歳以下で、高等学校卒業者またはこれと同等以上の資格がある人

  • 身体強健で、視力1.0以上(矯正可)の人

という条件を満たしていなければなりません。
年齢制限が結構厳しいですね。

年収はどれぐらい?

みんな大好きおちんぎんの話です。

ひよこ鑑定士の年収は、平均すると500~600万円らしいです。

しかしひよこ鑑定士は完全に出来高制なので、短時間で大量の鑑別をこなせる人はもっとバリバリ稼げるみたいです。 

完全に実力主義って感じなので、年功序列うぜえ!って方には向いているかもしれませんね。

勤務地は?

f:id:naruho428:20160720225101j:plain

ひよこ鑑定士は個人事業主になるので、勤務地は基本的に自由だそうです。

海外でもバリバリ需要があります。
グローバルエリートになって圧倒的成長できそうですね!

最後に

結構狭き門というか、なかなか厳しい世界みたいです。
いやマジですげえわ…尊敬します…。

 

「ひよこ鑑定士は流石にキツイけど、転職はしたいな……」

 
というあなたにオススメの記事があります。
よかったらどうぞ。

www.naruho-blog.net





↓以下が参考にしたサイトです↓

jlta.lin.gr.jp

native-trout.net

doda.jp